ファクタリングと手形との違いは?

ファクタリングの利用を考えるときに、一般的な資金調達の方法である、約束手形や割引手形を使ったやり方との違いがよくわからない、という声も聞かれます。

売掛金を元にして資金調達をするという意味では似ているかもしれませんが、ファクタリングと手形を使った資金調達とは全く性質が異なっています。

 

ファクタリングと約束手形の違いは?

まず手形というのは、売掛金が発生した時に売掛先の会社が、いついつまでにお支払いいたします、という約束をした手形を発行します。いわゆる約束手形というものです。

そしてそれを受け取ったなら、その手形を持って金融機関などに行き即現金化してもらうわけです。しかしこれは、手形を担保にした融資ということになります。割引手形と言って、額面の金額からいくらか割引た金額を融資してもらえます。

ですがファクタリングは、融資ではありませんし担保も必要ではありません。

ファクタリングは、売掛金を債権として買い取ってもらうので、融資という表現にはなりません。

ですから、もし売掛金を債権として買い取ってもらった後に、その売掛先の会社が倒産して売掛金が回収できなかったとしても、あなたの会社には責任はありません。買い取ってもらった金額を支払う義務も発生しません。

しかし、手形を担保に資金融資してもらっている場合に売掛先の会社が倒産し、その手形の価値がなくなれば、あなたの会社に支払う義務が生じてしまいます。なぜなら、あくまでも手形を担保にした融資なので金融機関がその手形に価値がないと判断すれば融資を引き上げることになるからです。

手形は融資
ファクタリングは債権買取

これが簡単に言うと、手形での資金調達とファクタリングでの資金調達の大きな違いになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です