3社間ファクタリングとは?

ファクタリングの活用を検討する時に覚えておきたいことの中に、ファクタリングには2種類あるということがあります。

一つは2社間ファクタリングと、もう一つは3社間ファクタリングというもの。

ここでは3社間ファクタリングについてご説明いたします。

3社間ファクタリングとは、あなたの会社とファクタリング会社、そして売掛先の会社の3社間を指しています。

2社間ファクタリングの場合は、あなたの会社とファクタリング会社という2社間による契約でしたが、そこに売掛先の会社が加わることになります。

もともとあなたの会社とファクタリング会社の間では、売掛金を買い取ることが決まっている訳ですが、そこに売掛先の会社の承諾を求めることが関係してくることになります。

3社間ファクタリングのメリットは?

 

3社間ファクタリングを利用することのメリットは何でしょうか?

それは手数料がかなり安くなるということです。これは2社間ファクタリングに比べて、ファクタリング会社のリスクがかなり減ることによります。

一方デメリットもあります。それは売掛先の承諾が必要なことから、契約や手続きに時間がかかる可能性があり、すぐに現金化できない場合があるということです。

今すぐにキャッシュが必要で、切羽詰まっている場合などはこれが大きなデメリットになります。

また、売掛先の会社からのファクタリング承諾が得られない場合もただ時間がとられただけになってしまうこともあります。

さらに、自分のところの経営状態などをさらすことになり、資金難の問題ありの取引先ともしみなされるなら、今後の仕事にも影響を与える可能性もあります。

それで売掛先の会社の様子や、状況などをよく考えて、3社間ファクタリングを利用するかどうかを慎重に検討する必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です